唐辛子のお話し

「唐辛子」はナス科の一年草で、乾燥させて香辛料として使用します。「唐辛子」の辛み成分カプサイシンには、いろいろな生理機能が知られており、その代表的なものは以下のとおりです。

01)食欲増進
02)辛味性
03)食塩摂取量低下
04)血管拡張・収縮
05)唾液分泌亢進
06)胃酸分泌亢進
07)腸管運動亢進
08)循環器コレステロール値低下
09)エネルギー代謝亢進
10)脂肪代謝の促進

唐辛子を上手に使った『キムチ』は、病める現代人を救う切り札なのかも知れません。


戻 る